困った鳥の対処法|アシナガバチの巣の駆除の方法は色々ある|注意点を押さえて対処する
作業者

アシナガバチの巣の駆除の方法は色々ある|注意点を押さえて対処する

困った鳥の対処法

鳩

作られた巣を撤去

鳩という鳥は、平和の象徴として多くの人に愛されています。しかし、人家の近くに営巣されると大変迷惑します。羽毛が舞うことでアレルギーの原因になったり、毎日の糞害にも閉口します。一度巣を作られると、その巣を撤去しただけでは追い払えなくなります。鳩は、自分が気に入った場所には、再三営巣を試みます。鳩は学習能力が高く、下手な脅しでは効果がありません。防鳥ネットや目玉マークについても、一月ほどで学習してしまいます。このような困った鳩に対する対策は、プロに依頼するのが得策です。素人では追い払うことができない頑固な鳩も、プロが対策を取れば、二度と近寄らなくなります。巣を撤去した後の営巣を妨げる対策が重要なのです。

営巣に適した溝を埋める

鳩は、自分が入れる溝を見つけると迷わず営巣します。自分だけが潜り込める溝は、猫などの天敵が入れないので安全と判断するためです。鳩の対策では、この溝を埋める作業が重要です。巣を撤去しても、溝が残っていれば、再び営巣を始めます。溝を埋めることで、ここには巣が作れないことを知らしめてやることが一番効果的なのです。そして、近隣に鳩が好む環境がないかも調査します。餌場となる環境があったり、木の実が生る樹木が近かったりすれば、鳩は離れていきません。それらの環境要因も解決する必要があります。鳩の駆除を依頼する時は、そのような環境要因を調べてくれる業者に依頼することが重要です。野生の生き物との戦いは、知恵を要するのです。