被害の前に直ちに依頼|アシナガバチの巣の駆除の方法は色々ある|注意点を押さえて対処する
作業者

アシナガバチの巣の駆除の方法は色々ある|注意点を押さえて対処する

被害の前に直ちに依頼

散布機を持つ人

プロに頼む利点

街中に住んでいるひとにとって害獣駆除について考えることは少ないかもしれませんが、アライグマやハクビシンのように街中に住む比較的大型の動物が増えてきていて、害獣駆除件数は増加の一途を辿っています。害獣による被害は住宅に住まわれることによる騒音や悪臭が多く、次いで住宅そのものへの被害があがっています。害獣による被害をなくすためには住みかや寝床にされないようにする工夫が必要ですが、住まわれてしまった場合には住宅被害がおこる前に速やかに害獣駆除業者に作業を依頼することをお勧めします。素人がたまたま住居から追い出すことができたとしても侵入口を塞ぐような対策を取らなければ再侵入を許してしまいます。害獣駆除のプロに依頼すれば、追い出すことはもちろん素人では気づかないような再侵入の予防の作業もしてもらえます。

自分での駆除は勧めません

害獣駆除はプロに頼むことが最適ですが、様々な理由から自分自身で駆除をすることをお勧めできない理由があります。まず、野生生物は病気の原因になる細菌やウィルスを保持している可能性があります。10数年前に話題となったSARSもハクビシンが媒介していると報道されたこともありました。追い出すときに噛まれたり、引っ掻かれたりすると傷跡から細菌やウィルスが侵入することがあるので、手荒な駆除の仕方はすべきではありません。また、害獣であっても法律によって許可なく駆除をすることができない動物がいます。前述したハクビシンも法律によって保護されています。行政機関への手続きをすれば行うことができますが、きちんとした資格を持った業者に任せる方が安心することができます。