女性

アシナガバチの巣の駆除の方法は色々ある|注意点を押さえて対処する

困った鳥の対処法

鳩

鳩は愛らしい鳥ですが、家の近くに住み着かれると厄介です。巣を撤去しても、再びやって来て営巣を始めます。鳩を完全に駆除する最大の対策は、巣を作らせない工夫です。巣を作りやすい溝を埋めたり、餌場となる環境要因も除くことが重要です。

もっと読む

数が増えないうちに

ハチ

キイロスズメバチは、体は小ぶりですが警戒心の強いハチです。そのため生活圏内で巣作りがおこなわれた場合は、それが小さいうちに駆除することが大事です。巣は7〜9月には大きくなりますし、その後は数も増えていきます。既にそうなっている場合は、地域の役所に相談すれば、専門家による駆除がおこなわれます。

もっと読む

方法と注意点

蜂の巣

自宅にアシナガバチの巣ができてしまった場合駆除する必要があります。駆除専門業者に依頼するということが基本的でありますが、アシナガバチの巣は小さくて距離が近い場合であれば自力で駆除することが可能です。アシナガバチの巣を自力で駆除するためにはまず身を守るための道具を揃えましょう。肌を露出させないように全身が覆えるようなものがおすすめです。またハチは黒い色に寄ってくる習性があるため、白い色を身に付けるようにしましょう。巣を駆除するためには殺虫剤が必要です。市販で売られている殺虫剤で駆除することが可能です。特に、ピレスロイド系の成分が含まれている殺虫剤が効果的でおすすめです。ピレスロイド系は一般的な虫除けなどに含まれている成分であるため市販でも売られています。

アシナガバチの巣は自力で駆除することが可能ですが、巣が大きくなりすぎてしまっている場合は自力で駆除しようとせず、駆除専門業者に依頼するようにしましょう。またハチの種類が分からない場合やスズメバチである場合は自力で駆除しようとせず、必ず専門の業者を頼るようにしましょう。また自力で駆除しようとすると刺されてしまう可能性もあるため、駆除する前に十分な安全対策を行うことが大切です。防護服や帽子、ゴーグルなどを準備してから行うようにしましょう。殺虫剤を吹き付けて動かなくなったハチに触れないようにすることも大切です。死骸になったハチでも、筋肉の収縮によって針を刺してくることがあるため十分に気を付けましょう。

被害の前に直ちに依頼

散布機を持つ人

街中にも害獣が増加していて、年々被害が増えています。素人による害獣駆除は被害が再発することが多いので、プロに頼むことが無難です。また健康被害や行政機関への届出も必要になってくることもあるため、プロによる害獣駆除が安心できます。

もっと読む